bluesfan.jp

Buddy Guy
バディ・ガイ

  • BORN: July 30, 1936, Lettsworth, Louisiana
    1936年7月30日、ルイジアナ州レッツワース生まれ
  • vocals guitar

かつてのマディ・ウォーターズのように、バディ・ガイは現在のシカゴ・ブルースの牽引車となっている。80年代にはまともなレコーディングの機会もなかったが、90年代に人気が急上昇。これまで8回のグラミーを受賞している。破天荒なギター、並でないテンションの高さはバディのトレードマークだ。速い指使い、情熱的ヴォーカルでも知られている。

50年代半ばからバトン・ルージュで活動を始め、ビッグ・ホッパーのバンド、レイフル・ニールのバンドで演奏した。シャイな性格のため、何度も失敗したという。57年にシカゴに移ってみたものの、ギター・スリム譲りのショウマンシップを武器に地位を確立するまでは辛い時期をすごした。しかしマディ・ウォーターズオーティス・ラッシュマジック・サムらに世話になり、彼らからコブラ・レコードに紹介されて、翌58年にはコブラの子会社レーベル、アーティスティックからギター・スリムB.B.キングの影響が聞きとれる2枚のシングルを発表することができた。

コブラが倒産すると、ガイはチェスに移籍。「First Time I Met the Blues」では、ロバート・ジョンソンと比較されたカン高い声が、強烈なギターにひきたてられる。チェスには60年から67年まで在籍し、アップテンポの「Let Me Love You Baby」から、「Stone Crazy」、「My Time After Awhile」、「Leave My Girl Alone」といったスロー・ブルースまで、ベストといっていい作品群をレコーディングした。チェスでは、セッション・ミュージシャンとしても活躍。マディ・ウォーターズハウリン・ウルフリトル・ウォルターサニー・ボーイ・ウィリアムスンII、ココ・テイラーなどのレコーディングに参加している。

67年にチェスを離れ、ヴァンガードへ。ヴァンガードからは初のアルバム『A Man and the Blues』の他、『Hold That Plane!』、『This Is Buddy Guy』を出した。彼はまたハーピストのジュニア・ウェルズとのコンビでも活躍していた。65年にウェルズの名盤『フードゥー・マン・ブルース』に参加し、69年にはブルー・サムで、(ピアニストのジュニア・マンスが加わったトリオで)『Buddy and the Juniors』を、72年にはウェルズとの連名で充実した『Play the Blues』を出している。70年代を通じていっしょにツアーをし、74年のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ録音『Drinkin' TNT 'n' Smokin' Dynamite』も残した。

エリック・クラプトン、スティーヴィー・レイ・ヴォーンなどの有名なロッカーたちが支持してくれたものの、80年代は不遇の時代だった。しかし91年にシルヴァートーンと契約を結び、グラミーをとったアルバム『Damn Right, I've Got the Blues』で見事返り咲いた。以来、レコーディングもツアーも活発に行なっている。現在、ガイはシカゴで大きなブルース・クラブを持っていて、時に自分の店で演奏することもある。

CDガイド

アイ・ウォズ・ウォーキン・スルー・ザ・ウッズ+2
60年代前半のチェス録音をまとめたもので、ガイの代表作を楽しむには申し分ない。「ファースト・タイム・アイ・メット・ザ・ブルース」や「マイ・タイム・アフター・ア・ホワイル」といったスロー・ブルースでの、アタックの強いギタープレイと泣きわめくようなヴォーカルは、彼の核だ。
スウィート・ティー
ミシシッピに出向き、アルバム・タイトルにもなっているスウィート・ティー・スタジオでレコーディングした2001年の問題作。知らないミュージシャンの曲を与えられ、知らない人達のバッキングでも、バディ・ガイは遠慮しないでギターを弾きまくる。結果を聴いてみて、かなりいいものだと感じた。異常なまでの生々しさがある。

Chronology
年譜

July 30, 1936
George is born to Sam and Isabell Guy in Lettsworth, Louisiana.
1936年7月30日、ルイジアナ州レッツワースに生まれる。両親はサムとイザベルのガイ夫妻。ジョージと名づけられる。
circa 1949
George Guy makes his guitar out of a can and window-screen wire, and taught himself to play.
1949年。たぶんこのころ、網戸の針金を缶に張り作った手製のギターを独学でおぼえた。
circa 1955
George Guy starts playing with Big Poppa Tilley's Band in Baton Rouge, Louisiana.
1955年。この頃、バトン・ルージュのビッグ・ポッパ・ジョン・ティリーのバック・バンドで演奏をはじめる。
May 30, 1957
Guy records first demos at WXOK radio in Baton Rouge, Louisiana.
1957年5月30日。バトン・ルージュのラジオ局、WXOKでデモ・テープを録音。バディ・ガイの演奏を記録したテープとしては、最古のものとされている。
  • The Way You Been Treating Me - @YouTube
  • Baby Don't You Wanna Come Home - @YouTube
September 25, 1957
Guy leaves Louisiana and heads straight for Chicago.
1957年9月25日。ルイジアナを出てまっすぐシカゴへ行く。
late Winter 1958
Guy begins to appear regularly at the 708 Club in Chicago.
1958年冬。シカゴの708クラブに定期的に出演をはじめる。
1958
Guy expands the venues he is playing at to include the likes of the Squeeze Club, Blue Flame Club and Theresa's Lounge.
1958年。スクィーズ・クラブ、ブルー・フレイム・クラブ、さらにテレサズ・ラウンジなど、演奏活動の場をひろげる。
circa August, 1958
Guy makes his first official recordings for Cobra's Artistic subsidiary label in Chicago, Illinois.
1958年、コブラの姉妹レーベル、アーティスティックに初録音。
1958
Guy makes further recordings for Artistic in Chicago, Illinois.
アーティスティックに、さらに録音をする。
1960
Guy signs with Chess Records.
1960年。チェスと契約。
March 2, 1960
Guy records four songs at Chess Studios, including "First Time I Met The Blues."
1960年3月2日。チェスのスタジオで「ファースト・タイム・アイ・メット・ザ・ブルース」など4曲をレコーディング。
December 16, 1960
Guy records four songs at Chess Studios in Chicago.
1960年12月16日。シカゴのチェスのスタジオで4曲を録音。
December 7, 1961
Guy records a couple of new songs at Chess Studios in Chicago.
1961年12月7日。シカゴのチェスのスタジオで新作を録音。
August 12, 1962
Guy records four songs for Chess.
1962年8月12日。チェスのために4曲を録音。
September 9, 1962
Guy records one more song for Chess.
1962年9月9日。チェス用に1曲を録音。
February 8, 1963, Chicago, Illinois
April 26, 1963
Guy plays guitar at a Jesse Fortune session in Chicago, Illinois.
1963年4月26日。シカゴでおこなわれたジェシー・フォーチュンのレコーディングで、ギターをひく。
  • Too Many Cooks (vocal by Jesse Fortune) - @YouTube
  • Too Many Cooks (alternate take) (vocal by Jesse Fortune)
  • Good Things (vocal by Jesse Fortune) - @YouTube
  • God's Gift To Man (vocal by Jesse Fortune & Willie Dixon)
  • God's Gift To Man (alternate take) (vocal by Jesse Fortune & Willie Dixon)
  • Heavy Heart Beat (vocal by Jesse Fortune)
  • Heavy Heart Beat (alternate take) (vocal by Jesse Fortune)
July 26, 1963
Guy's band provides the backing for vocals by Muddy Waters and Howlin Wolf at Copa Cabana Club in Chicago, Illinois.
1963年7月26日。シカゴのコパ・カバーナでバディ・ガイのバンドがマディ・ウォーターズとハウリン・ウルフのバッキングを務めた。
  • Wee, Wee Baby (vocal by Muddy Waters, Willie Dixon & Buddy Guy)
  • Sitting And Thinking (vocal by Muddy Waters)
  • Clouds In My Heart (vocal by Muddy Waters)
  • Got My Mojo Working (vocal by Muddy Waters)
  • 19 Years Old (vocal by Muddy Waters)
  • Sugar Mama (vocal by Howlin' Wolf)
  • May I Have A Talk With You (vocal by Howlin' Wolf)
  • Don't Know Which Way To Go (vocal by Buddy Guy)
August 14, 1963
Plays guitar at a Howlin' Wolf session at Chess Studios in Chicago. Guy also records several new songs in his own right.
1963年8月14日。シカゴのチェスのスタジオでおこなわれたハウリン・ウルフのレコーディングで、ギターをひく。また、自身の新曲をいくつかレコーディングする。
September, 1963
Guy sits in on sessions for Muddy Waters album, Folk Singer, with Muddy and Willie Dixon in Chicago, Illinois.
1963年9月。マディ・ウォーターズのアルバム『フォーク・シンガー』のレコーディングに参加。
January 13, 1964
Guy attends first session for the recording for Walter Shakey Horton's The Soul of Blues Harmonica album.
1964年1月13日。ウォルター・ホートンのアルバム『ザ・ソウル・オヴ・ブルース・ハーモニカ』のレコーディングに参加。
  • Good Moanin' Blues (vocal by Willie Dixon)
  • Gonna Bring It On Home (vocal by Willie Dixon)
  • La Cucharacha
  • Groove Walk (instrumental)
  • John Henry (instrumental)
January 24, 1964
The second recording session for Walter Shakey Horton's The Soul of Blues Harmonica album.
1964年1月24日。ウォルター・ホートンの『ザ・ソウル・オヴ・ブルース・ハーモニカ』制作のため、2回目のレコーディング・セッション。
  • Hard Hearted Woman (vocal by Walter Horton)
  • Wee Baby Blues (vocal by Walter Horton)
  • It's Alright (instrumental)
  • Wrinkles (instrumental)
  • Friday Night Stomp (instrumental)
April 30, 1964
Guy and Sonny Boy Williamson II do a recording session together.
1964年4月30日。ガイとサニー・ボーイ・ウィリアムスンがいっしょにレコーディング。
June 10, 1964
Guy tapes "My Time After a While" at Chess Studios. The Rolling Stones sit in on the session and see Guy record great performance.
1964年6月10日。チェス・スタジオで「マイ・タイム・アフター・ア・ホワイル」を録音。ローリング・ストーンズもセッションに同席し、ガイが偉大な作品を録音するのを見守った。
June 30, 1964, Chicago, Illinois
Guy and Robert Nighthawk do a recording session together.
1964年6月30日。ガイとロバート・ナイトホークがいっしょにレコーディング。
  • (Sorry) My Angel (by Robert Nighthawk)
  • Someday (by Robert Nighthawk)
  • Night Flight (by Buddy Guy)
August 1964
Guy plays guitar for a Howlin' Wolf session at Chess Studios in Chicago.
1964年8月。チェスのスタジオでおこなわれたハウリン・ウルフのレコーディングで、ギターをひく。
  • Love Me Darlin' (by Howlin' Wolf)
  • Killing Floor (by Howlin' Wolf)
  • My Country Sugar Mama (by Howlin' Wolf)
  • Louise (by Howlin' Wolf)
April, 1965
Guy records a least three songs for Chess.
1965年4月。チェスのためにすくなくとも3曲を録音。
May 23, 1965, Chicago, Illinois
September 22 & 23, 1965
Under the alias of Friendly Chap, Buddy Guy cuts the Hoodoo Man Blues album with Junior Wells for Delmark in Chicago, Illinois.
1965年9月。ジュニア・ウェルズのアルバム『フードゥー・マン・ブルース』(デルマーク)のレコーディングにフレンドリー・チャップという偽名で参加。
  • Snatch It Back and Hold It (by Junior Wells) - @YouTube
  • Ships On The Ocean (by Junior Wells)
  • Good Morning Schoolgirl (by Junior Wells) - @YouTube
  • Hound Dog (by Junior Wells) - @YouTube
  • In the Wee Wee Hours (by Junior Wells) - @YouTube
  • In the Wee Wee Hours (alternate) (by Junior Wells)
  • Hey Lawdy Mama (by Junior Wells) - @YouTube
  • Hoodoo Man Blues (by Junior Wells) - @YouTube
  • Hoodoo Man Blues (alternate) (by Junior Wells) - @YouTube
  • Early in the Morning (by Junior Wells) - @YouTube
  • We're Ready (by Junior Wells) - @YouTube
  • You Don't Love Me, Baby (by Junior Wells) - @YouTube
  • Chittlin' Con Carne (by Junior Wells) - @YouTube
  • Chittlin' Con Carne (alternate) (by Junior Wells) - @YouTube
  • Yonder Wall (by Junior Wells) - @YouTube
  • Yonder Wall (alternate take 7) (by Junior Wells)
  • Yonder Wall (alternate take 11) (by Junior Wells)
  • Yonder Wall (alternate take 13) (by Junior Wells)
  • I Ain't Stranded (by Junior Wells)
October 7, 1965
American Folk Blues Festival. Recorded in Hamburg, Germany. Besides his own two cuts, Guy also backs up John Lee Hooker, Roosevelt Sykes, Eddie Boyd and Big Mama Thornton.
1965年10月7日。アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァル。自身の2曲を披露しただけでなく、ジョン・リー・フッカーやルーズヴェルト・サイクス、エディ・ボイド、ビッグ・ママ・ソーントンの伴奏にギターとベースで加わった。
  • Blues Harp Shuffle (by Big Walter Horton)
  • Christine (by Big Walter Horton)
  • Come On Back Home (by Roosevelt Sykes)
  • Sail On (by Roosevelt Sykes)
  • Five Long Years (by Eddie Boyd)
  • The Big Question (by Eddie Boyd)
  • Rosa Lee (by Jimmie Lee Robinson)
  • King Of The World (by John Lee Hooker)
  • Della Mae (by John Lee Hooker)
  • Della Mae (alternate take) (by John Lee Hooker)
  • First Time I Met The Blues (by Buddy Guy)
  • South Side Jump (by Buddy Guy)
  • Hound Dog (by Big Mama Thornton)
  • Hound Dog (alternate take) (by Big Mama Thornton)
December 7, 1965
Guy plays guitar at a Koko Taylor session at Chess Studios in Chicago.
1965年12月7日。シカゴのチェスのスタジオでおこなわれたココ・テイラーのレコーディングで、ギターをひく。
  • Wang Dang Doodle (by Koko Taylor)
  • Blues Heaven (by Koko Taylor)
  • I Got All You Need (by Koko Taylor)
  • Tell Me The Truth (by Koko Taylor)
December, 1965
Under the alias Friendly Chap, Guy plays guitar for Junior Wells. The songs are subsequently included on the Chicago/The Blues/Today! album.
1965年。フレンドリー・チャップの別名で、ジュニア・ウェルズのバックでギターをひく。このときの曲はのちにアルバム『シカゴ/ザ・ブルース/トゥデイ』におさめられる。
  • Help Me (by Junior Wells)
  • It Hurts Me Too (by Junior Wells)
  • Messin' With The Kid (by Junior Wells)
  • Vietcong Blues (by Junior Wells)
  • All Night Long (by Junior Wells)
1966
Guy backs up Junior Wells at Pepper's Lounge in Chicago, Illinois.
1966年。ジュニア・ウェルズのバック。シカゴのブルース・クラブ、ペッパーズ・ラウンジでのライヴ録音。
  • It's My Life, Baby (by Junior Wells)
  • It's Sad To Be Lonely (by Junior Wells)
  • Early In The Morning (by Junior Wells)
  • Look How Baby (by Junior Wells)
1966
At Universal Studios in Chicago, Junior Wells records eight songs for It's My Life Baby with Guy and Walter Beasley on guitars, Leroy Stewart on bass, and Little Al on drums.
1966年。シカゴのユニバーサル・スタジオで、ジュニア・ウェルズが『イッツ・マイ・ライフ・ベイビー』のために8曲を録音する。バックはガイとウォルター・ビーズレイのギター、リロイ・スチュワートのベース、リトル・アル(・ダンカン)のドラムス。
  • Country Girl (by Junior Wells)
  • You Lied To Me (by Junior Wells)
  • Stormy Monday Blues (by Junior Wells)
  • Shake It Baby (by Junior Wells)
  • (I Got A) Stomach Ache (by Junior Wells)
  • Checking On My Baby (by Junior Wells)
  • Slow, Slow (by Junior Wells)
  • Everything's Going To Be Alright (by Junior Wells)
probably May 20, 1966
Guy and Junior Wells's set at Chicago Blues Festival is recorded and subsequently appears on the semi-official album Original Blues Brothers.
1966年3月20日。シカゴ・ブルース・フェスティバルにおけるバディ・ガイとジュニア・ウェルズのステージが録音され、のちにブートレグの『オリジナル・ブルース・ブラザーズ』におさめられて出まわる。
August 1966
Guy records several new songs at Chess Studios in Chicago.
1966年8月。シカゴのチェスのスタジオで、新曲をいくつかレコーディングする。
July, 1967, Chicago, Illinois
1967
Guy plays guitar for Koko Taylor.
1967年。ココ・テイラーのバックでギターを弾く。
  • Fire (by Koko Taylor)
  • Insane Asylum (by Koko Taylor)
1967
1967
Guy leaves Chess to signs with Vanguard Records.
1967年。チェスからヴァンガード・レコードへの移籍。
September 18, 1967
Guy records the A Man & The Blues album at Universal Studios in Chicago.
1967年9月18日。シカゴのユニバーサル・スタジオで『ア・マン・アンド・ザ・ブルース』のレコーディング。
  • A Man And The Blues
  • I Can't Quit The Blues
  • Money (That's What I Want)
  • One Room Country Shack
  • Mary Had A Little Lamb
  • Just Playing My Axe
  • Sweet Little Angel
  • Worry, Worry
  • Jam On A Monday Morning
  • Poison Ivy
  • You Got A Hole In Your Soul
  • The Dream
September 26, 1967
Guy attends one of the recording sessions in Chicago for John Lee Hooker's Urban Blues album.
1967年9月26日。シカゴでおこなわれたジョン・リー・フッカーのアルバム『アーバン・ブルース』のレコーディングに参加。
  • The Motor City Is Burning (by John Lee Hooker)
  • Cry Before I Go (by John Lee Hooker)
  • Want Ad Blues (by John Lee Hooker)
  • Boom Boom Boom (by John Lee Hooker)
November 5, 1967
Berlin Festival. Guy appears at guitar workshop. He performs two songs.
1967年11月5日。ベルリン・フェスティヴァル。ガイはギターの研究会に登場。2曲を歌う。
1967
Guy records Junior Wells album, Coming At You, with Junior Wells Chicago Blues Band.
ジュニア・ウェルズの『カミング・アット・ユー』のレコーディングに参加。
  • Stop Breakin' Down (by Junior Wells)
  • Somebody's Tippin In (by Junior Wells)
  • Five Long Years (by Junior Wells)
  • Mystery Train (by Junior Wells)
  • So Sad This Morning (by Junior Wells)
  • When My Baby Left Me (by Junior Wells)
  • Little By Little (by Junior Wells)
  • Tobacco Road (by Junior Wells)
  • Worried Life Blues (by Junior Wells)
  • I'm Your Hoochie Coochie Man (by Junior Wells)
  • You Don't Love Me (by Junior Wells)
July 13/16, 1968
New Orleans House, Berkeley, California.
1968年7月。カリフォルニア州バークレーのニューオーリンズ・ハウスでのライヴ。
  • Watermelon Man
  • I Got My Eyes On You
  • Things I Used To Do
  • (You Give Me) Fever
  • Slow Blues
  • Knock On Wood
  • Crazy 'Bout You
  • I Had A Dream Last Night
  • 24 Hours Of The Day
  • You Were Wrong
  • I'm Not The Best
November 1969
The session in New York City for the recording of Hold That Plane, his final album for Vanguard.
1969年11月。ヴァンガードからの3枚目『ホールド・ザット・プレーン』制作のため、ニューヨークでレコーディング・セッション。
  • Watermelon Man
November 25, 1969
Guy records the majority of the Hold That Plain album at this session in New York City (some five of the seven songs).
1969年11月25日。この日のニューヨークのセッションで、『ホールド・ザット・プレイン』の大半を録音(全7曲のうちの5曲)。
  • Hold That Plane
  • I'm Ready
  • My Time After Awhile
  • You Don't Love Me
  • Hello San Francisco
November, 1969
Records a session for Hold That Plain.
1969年11月。『ホールド・ザット・プレイン』のレコーディング。
  • Come See About Me
December 18, 1969
Guy and Junior Wells record together with pianist Junior Mance for Blue Thumb as Buddy and the Juniors in New York.
1969年12月18日。バディ、ジュニア・ウェルズにピアニストのジュニア・マンスというトリオで『バディ・アンド・ジュニアーズ』(ブルー・サム)を録音。
January 8, 1970
Junior Wells and Guy are to record an album for Bob Koester's label. The result of the session is issued on Southside Blues Jam, on Delmark Records, with Guy appearing some five tracks (to which he contributes guitar and vocals). There are also some two outtakes from this session.
1970年1月8日。ガイとジュニア・ウェルズがレコーディング。ボブ・ケスター所有のレーベルでレコードをつくるためだった。このときの録音は『サウスサイド・ブルース・ジャム』というアルバムにおさめられ、デルマーク・レーベルから発売された。ガイは、ギターとヴォーカルで参加。アルバムにおさめられた以外に2つのアウトテイクがある。
  • Stop Breaking Down (by Junior Wells) - @YouTube
  • Baby, Please Lend Me Your Love (by Junior Wells) - @YouTube
  • You Say You Love Me (by Junior Wells) - @YouTube
  • Blues For Mayor Daley (by Junior Wells) - @YouTube
  • Trouble Don't Last Always (vocal by Buddy Guy and Junior Wells) - @YouTube
  • Warmin' Up
  • Love My Baby (by Junior Wells)
April/May, 1970
Theresa's Lounge, Chicago, Illinois.
1970年。イリノイ州シカゴのテレサズ・ラウンジ。
September 17-18 & 24/25, 1970, Herouville, France
Guy, on guitar and vocals, records with Memphis Slim.
1970年9月。メンフィス・スリムのレコーディングにギターとヴォーカルで参加。
September 22, 1970
As a condition in of a contract for Guy and Junior Wells, Atlantic Records chief Ahmet Ertegun insists Eric Clapton produce Guy and Wells's joint album.
1970年9月22日。アトランティック・レコードの社長アーメット・アーティガンはガイとジュニア・ウェルズの契約に際して、ガイとウェルズのアルバムをエリック・クラプトンがプロデュースすることを要求。
October, 1970
Guy and Junior Wells record Play The Blues at Criteria Studios in Miami with Eric Clapton and Tom Dowd producing.
1970年10月。ガイとジュニア・ウェルズはマイアミのクライテリア・スタジオでアルバム『プレイ・ザ・ブルース』のレコーディング。プロデューサーはエリック・クラプトンとトム・ダウド。
April, 1972
Guy and The J. Geils Band enter Intermedia Studios in Boston, Massachusetts for an additional recording session for Play The Blues.
1972年4月。ガイとJガイルズ・バンドはアルバム『プレイ・ザ・ブルース』の追加録音のため、ボストンのスタジオにはいる。
June 28, 1974
Guy and Junior Wells perform at the Montreux Jazz Festival
1974年6月28日。ガイはジュニア・ウェルズといっしょにモントルー・ジャズ・フェスティヴァルに出演した。
March 9-11, 1975
Tokyo Yubin Chokin Hall.
1975年3月。東京の郵便貯金ホール。
  • Let Me Love You, Baby
  • How Blue Can You Get
  • High-Heel Sneakers
  • One Room Country Shack
  • First Time I Met The Blues
  • Stone Crazy
  • Fever
  • Come On Home To Me Baby (vocal by A.C. Reed)
  • Rock Me Baby (vocal by Phil Guy)
  • Little By Little (vocal by Junior Wells)
  • Stop Breakin' Down (vocal by Junior Wells)
  • Don't Go No Further (vocal by Junior Wells)
  • Look Over Yonder's Wall (vocal by Junior Wells)
  • Snatch It Back And Hold It (vocal by Junior Wells)
  • Help Me Darling (vocal by Junior Wells)
  • Hoochie Coochie Man/Some Day Baby (vocal by Junior Wells)
  • Watermelon Blues
  • Messin' With The Kid (vocal by Junior Wells)
August 28/29, 1975
Onkel Po's Carnegie Hall, Hamburg.
1975年8月28日。ハンブルクのオンケル・ポーズ・カーネギー・ホール。
July 9, 1978
Guy and Junior Wells perform at the Montreux Jazz Festival.
1978年7月9日。ガイとジュニア・ウェルズはモントルー・ジャズ・フェスティヴァルに出演。
  • One Room Country Shack
  • The Things That I Used To Do
  • Everyday I Have The Blues
  • Driving Wheel (vocal by Junior Wells)
  • Help Me (vocal by Junior Wells)
  • Come On In This House (vocal by Junior Wells)
  • Messin' With The Kid (vocal by Junior Wells)
  • Somebody's Got To Go (vocal by Junior Wells)
  • Everything Gonna Be Alright (vocal by Junior Wells)
  • Got My Mojo Working (vocal by Junior Wells)
  • Hide Away
October 13, 1979
Checkerboard Lounge, Chicago, Illinois.
1979年10月13日。シカゴのチェッカーボード・ラウンジ。
October 31, 1979
Guy records the Stone Crazy album in just one session in Toulouse, France. The backing-band of session musicians includes Guy's brother Phil on guitar, J.W. Williams on bass, and Ray Allison on drums.
1979年10月31日。フランス・ツアー中に、わずか1回のセッションでアルバム『ストーン・クレイジー』を録音する。バックのセッション・ミュージシャンは、弟のフィル(ギター)、J・W・ウィリアムス(ベース)、レイ・アリスン(ドラム)。
October 31, 1979
Guy records for Pleading The Blues with Junior Wells. This is on the same day of the Stone Crazy session.
『ストーン・クレイジー』のレコーディング・セッションと同じ日。ジュニア・ウェルズのアルバム『プリーディング・ザ・ブルース』に参加。
  • Pleading the Blues (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Just for My Baby (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • I'll Take Care Of You (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Quit Teasing My Baby (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • It Hurts Me Too (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Take Your Time Baby (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • I Smell Something (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Cut Out the Lights (vocal by Junior Wells) - @YouTube
September, 1980
Buddy and Phil Guy record material for Buddy & Phil at Sound Studio in Chicago.
1980年9月。シカゴのサウンド・スタジオでフィルといっしょに『バディ&フィル』のレコーディング。
  • Funk Is The Skunk
  • Feeling Sexy (vocal by Phil Guy)
May 15, 1981
Guy and Junior Wells record the acoustic Going Back album at Sysmo Studio in Paris. It is this album which is the primary source of the Alone & Acoustic album on the Alligator label.
1981年5月15日。ガイ&ウェルズのコンビはパリでアコースティック・アルバム『ゴーイング・バック』を録音。アリゲーター・レーベルから発売された『アローン&アコースティック』はこのレコードをもとにつくられている。
  • My Home's In The Delta (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Wrong Doing Woman (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Boogie Chillen - @YouTube
  • Sweet Black Girl - @YouTube
  • Don't Leave Me - @YouTube
  • I'm In The Mood - @YouTube
  • Catfish Blues (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Give Me My Coat And Shoes - @YouTube
  • Diggin' My Potatoes (vocal by Junior Wells) - @YouTube
  • Cut You Loose (vocal by Junior Wells & Buddy Guy) - @YouTube
  • Big Boat (Buddy And Junior's Thing) (vocal by Junior Wells & Buddy Guy) - @YouTube
  • Baby What You Want Me To Do/That's Allright (vocal Buddy Guy & Junior Wells) - @YouTube
  • Sally Mae - @YouTube
  • High Heel Sneakers (vocal by Junior Wells & Buddy Guy) - @YouTube
  • Rollin' And Tumblin' (vocal by Junior Wells) - @YouTube
December 1981
Guy records the DJ Play My Blues album at Soto Sound Studio in Evanston, Illinois.
1981年12月。イリノイ州エヴァンストンのソト・サウンド・スタジオで『DJ・プレイ・マイ・ブルース』のレコーディング。
March 16, 1982
Buddy plays guitar at a Phil Guy session at Soto Sound Studio in Evanston, Illinois.
1982年3月16日。イリノイ州エヴァンストンのソト・サウンド・スタジオでおこなわれたフィル・ガイのレコーディングで、ギターをひく。
  • Love Is Like Quicksand (vocal by Phil Guy)
  • Bad Luck Boy (vocal by Phil Guy)
November 13, 1982
Biddy Mulligan's, Chicago, Illinois.
1982年11月13日。シカゴのビディ・マリガンズ。
  • Instrumental
  • One Room Country Shack
  • Dust My Broom
  • Worry Is All I Can Do
  • You Make Me Feel So Good Jam (vocal by Junior Wells & Buddy Guy)
  • You've Got To Love Her With A Feeling (vocal by Junior Wells)
  • The Train I Ride (vocal by Junior Wells)
  • Outro
April 30, 1983
The death of Muddy Waters.
1983年4月30日。マディ・ウォーターズ死去。
July, 1985
Antone's, Austin, Texas.
1985年7月。テキサス州オースティンのアントンズ。
  • Look On Yonders Wall
  • Things I Used To Do
circa 1985, Chicago, Illinois
Guy records a session for WRXT Radio.
1985年ごろ。ラジオ放送用の録音。
  • I Got The Blues On My Mind
  • Hoochie Coochie Man
December 3, 1985
Checkerboard Lounge.
1985年12月3日。チェッカーボード・ラウンジ。
  • I Just Wanna Make Love To You
July 9, 1989
Guy opens up his own nightclub, Buddy Guy's Legends.
1989年7月9日。バディ・ガイのレジェンズというクラブをオープン。
July 30, 1989
Stevie Ray Vaughan plays at Buddy Guy's birthday celebration at Legends.
1989年7月30日。スティーヴィー・レイ・ヴォーンはレジェンズでバディ・ガイの誕生日を祝った。
  • It's Called The Blues
  • Champagne And Reefer - @YouTube
  • Mary Had A Little Lamb (vocal by Buddy Guy & Stevie Ray Vaughan)
  • Leave My Girl Alone (vocal by Buddy Guy & Stevie Ray Vaughan)
February 5, 1990
Eric Clapton invites Guy to play with him at London's Royal Albert Hall.
1990年2月5日。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なわれたエリック・クラプトンのコンサートにゲスト出演。
  • Watch Yourself (vocal by Eric Clapton)
  • Have You Ever Loved A Woman (vocal by Eric Clapton)
  • Worried Life Blues (vocal by Eric Clapton)
August 26, 1990
Guy participates in a jam session with Stevie Ray Vaughan, Eric Clapton, and Robert Cray at the Alpine Valley Music Theatre in East Troy, Wisconsin. After the show, Stevie Ray dies in a helicopter crash.
1990年8月26日。ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレーで、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、エリック・クラプトン、ロバート・クレイとジャム・セッションをする。コンサート後、スティーヴィー・レイが移動のヘリコプターの墜落事故で死亡。
1990
Guy signs with Silvertone Records.
1990年。シルヴァートーンと契約。
January 1991
Guy completes Damn Right, I've Got The Blues in two weeks of recording at Battery Studios in London.
1991年1月。ロンドンのバッテリー・スタジオで2週間のレコーディングをし、『ダム・ライト・アイ・ガット・ザ・ブルース』を完成させる。
February 25, 1992
Guy wins his first Grammy Award for Best Contemporary Blues Album on his Damn Right, I've Got The Blues album.
1992年2月25日。『ダム・ライト・アイ・ガット・ザ・ブルース』がグラミー賞“最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞”を受賞する。
July 9, 1992
Montreux Jazz Festival.
1992年7月9日。モントルー・ジャズ・フェスティヴァル。
  • Mary Had A Little Lamb
  • Sweet Little Angel
  • I Just Want To Make Love To You
  • Stormy Monday
  • While You Was Slippin' Out
  • Sweet Home Chicago
  • Voodoo Chile Interlude
  • Hoochie Coochie Man
  • Damn Right I Got The Blues
  • Knock On Wood
  • Johnny B. Goode
1993
Guy records material for Feels Like Rain.
1993年。『フィールズ・ライク・レイン』の録音。
February 1993
Guy duets with B.B. King on one song for B.B.'s Blues Summit album.
1993年2月。B.B.キングのアルバム『ブルース・サミット』に参加。B.B.とデュエットする。
  • I Pity The Fool (vocal by Buddy Guy & B.B. King)
March 22/23, 1993
Guy and Junior Wells are taped at the Legends in Chicago. This tape later appears on Last Time Around.
1993年3月22日。シカゴのレジェンズ。バディとジュニアのふたりだけのステージが録音され、のちに『ラスト・タイム・アラウンド』におさめられた。
April 9, 1993
Washington Warner Theatre.
1993年4月9日。ワシントンのワーナーシアター。
  • Mary Had A Little Lamb
  • Sweet Little Angel
  • I Just Want To Make Love To You Medley
  • Stormy Monday
  • Someone Else Is Slippin' In
  • Sweet Home Chicago
  • Hoochie Coochie Man Medley
  • Mustang Sally
  • Knock On Wood
circa 1993
Guy records a version of "Red House" for an album intended as a tribute to Jimi Hendrix.
1993年ごろ。ジミ・ヘンドリックスのトリビュート・アルバムのために「レッド・ハウス」を録音。
  • Red House
March 1, 1994
Guy wins his Grammy Award for Best Contemporary Blues Album on his Feels Like Rain album.
1994年3月1日。『フィールズ・ライク・レイン』がグラミー賞“最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞”を受賞する。
May 24/25, 1994
Buddy Guy's Legends, Chicago, Illinois. This show is filmed, with eight songs eventually appearing on Live! The Real Deal video.
1994年5月24日。シカゴのレジェンズ。このときのコンサートは撮影され、計8曲が、『ライヴ!ザ・リアル・ディール』のビデオにおさめられた。。
1994, Irving Plaza, New York
1994
Guy and Double Trouble record material for Slippin' In at Arlyn Studios in Austin, Texas.
1994年。オースティンで、ダブル・トラブルといっしょに『スリッピン・イン』のレコーディング。
1994
Guy completes the Slippin' In album at Chicago Recording Company, recording several new songs.
1994年。シカゴで新曲をいくつか録音、『スリッピン・イン』を完成させる。
August 14, 1994
Newport Jazz Festival.
1994年8月14日。ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル。
  • All Your Love
  • Five Long Years
  • Someone Else Is Steppin' In (Slippin' Out, Slippin' In)
  • Mustang Sally
  • Sweet Little Angel
  • Feels Like Rain
  • Damn Right, I've Got The Blues
  • Hoochie Coochie Man
  • Knock On Wood
  • Cold Shot
  • Blues Medley
  • She's Nineteen Years Old
May 11, 1995
Stevie Ray Vaughan Tribute concert.
1995年5月11日。スティーヴィー・レイ・ヴォーン追悼コンサートに出演。
  • Long Way From Home
  • Six Strings Down (Jimmie Vaughan, Eric Clapton, Bonnie Raitt, Robert Cray, B.B. King, Buddy Guy, Dr. John and Art Neville)
  • Tick Tock (Jimmie Vaughan, Eric Clapton, Bonnie Raitt, Robert Cray, B.B. King, Buddy Guy, Dr. John and Art Neville)
  • SRV Shuffle (Jimmie Vaughan, Eric Clapton, Bonnie Raitt, Robert Cray, B.B. King, Buddy Guy, Dr. John and Art Neville) - @YouTube
February 28, 1996
Guy receives his Grammy Award for Best Contemporary Blues Album on his Slippin' In album.
1996年2月28日。『スリッピン・イン』がグラミー賞“最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞”を受賞する。
October 11, 1997
The Kennedy Centre for Performing Arts, Washington.
1997年10月11日。ワシントンのケネディ・センター・フォー・パフォーミング・アーツ。
  • She's Nineteen Years Old
  • Got My Mojo Working (Big Bill Morganfield & Cast)
December 1997
Guy records the Heavy Love album at Sound Kitchen in Nashville, Tennessee.
1997年12月。テネシー州ナッシュヴィルのサウンド・キッチンで『ヘヴィ・ラヴ』のレコーディング。
January 15, 1998
The death of Junior Wells.
1998年1月15日。ジュニア・ウェルズ死去。
circa 1999
July 2000
Guy records the Sweet Tea album at Sweet Tea in Oxford, Mississippi.
2000年7月。ミシシッピ州オクスフォードのスウィート・ティー・スタジオで『スウィート・ティー』のレコーディング。
February 7, 2003
Radio City Music Hall, New York. The Salute To The Blues concert.
2003年2月7日。ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで『サルート・トゥ・ザ・ブルース』コンサート。
  • I Can't Be Satisfied
  • First Time I Met The Blues
  • Red House
  • Voodoo Child (vocal by Angelique Kidjo)
June 3, 2003
The release of Blues Singer.
2003年6月3日。アルバム『ブルース・シンガー』発売。
February 8, 2004
Guy receives his Grammy Award for Best Contemporary Blues Album on his Blues Singer album.
2004年2月8日。『ブルース・シンガー』がグラミー賞“最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞”を受賞する。
March 14, 2005
Guy is inducted into the Rock and Roll Hall of Fame by Eric Clapton and B.B. King.
2005年3月14日。ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイムの会で、ガイに殿堂入りの賞がおくられる。
  • Damn Right I've Got The Blues - @YouTube
  • Let Me Love You Baby (B.B. King, Buddy Guy and Eric Clapton) - @YouTube
September 27, 2005
The release of Bring 'Em In.
2005年9月27日。アルバム『ブリング・エム・イン』発売。
July 22, 2008
The release of Skin Deep.
2008年7月22日。アルバム『スキン・ディープ』発売。
October 25, 2010
The release of Living Proof.
2010年10月25日。アルバム『リヴィング・プルーフ』発売。
February 13, 2011
Guy wins his Grammy Award for Best Contemporary Blues Album on his Living Proof album.
2011年2月13日。『リヴィング・プルーフ』がグラミー賞“最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞”を受賞する。
July 30, 2013
The release of Rhythm & Blues.
2013年7月30日。アルバム『リズム&ブルース』発売。
July 31, 2015
The release of Born To Play Guitar.
2015年7月31日。アルバム『ボーン・トゥ・プレイ・ギター』発売。
February 15, 2016
Guy wins his Grammy Award for Best Blues Album on his Born To Play Guitar album.
2016年2月15日。『ボーン・トゥ・プレイ・ギター』がグラミー賞“最優秀ブルース・アルバム賞”を受賞する。
June 15, 2018
The release of The Blues Is Alive And Well.
2018年6月15日。アルバム『ザ・ブルース・イズ・アライヴ・アンド・ウェル』発売。
February 10, 2019
Receives the Grammy Award for Best Traditional Blues Album on his The Blues Is Alive And Well album.
2019年2月10日。『ザ・ブルース・イズ・アライヴ・アンド・ウェル』がグラミー賞“最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞”を受賞。
February 19, 2019
The release of Christone "Kingfish" Ingram's first single "Fresh Out" featuring Guy on guitar and vocals.
クリストン・キングフィッシュ・イングラムの初のシングル「フレッシュ・アウト」がリリースされる。ガイがギターとヴォーカルで参加していた。
  • Fresh Out (by Christone "Kingfish" Ingram) - @YouTube

Influences
影響関係

Infl by: T-Bone Walker, B.B. King, Guitar Slim
受けた影響←Tボーン・ウォーカーB.B.キングギター・スリム

Infl to: Jimi Hendrix, Dave Peverett, Eric Clapton
与えた影響→ジミ・ヘンドリックス、デイヴ・ペヴァレット、エリック・クラプトン