bluesfan.jp

Etta James
エタ・ジェイムス

  • BORN: January 25, 1938, Los Angeles, California
    1938年1月25日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ
  • DIED: January 20, 2012, Riverside, California
    2012年1月20日、カリフォルニア州リバーサイドにて死去
  • vocals

「At Last」、「Tell Mama」、「I'd Rather Go Blind」、「All I Could Do Was Cry」といったヒット曲で知られ、半世紀にわたり活躍したR&B歌手。力強いブルース・ヴォイスがたくさんの人の賞賛を浴び続けたにもかかわらず、薬物中毒で療養所に入ったり、多くの健康上の問題も抱え、波乱万丈の人生を歩んだ。

本名ジェーメセッタ・ホーキンス。彼女はゴスペルの天才児としてロサンゼルスのバプティスト教会聖歌隊でJ.アール・ハインズから指導を受け、わずか5歳の時にラジオで歌った。1950年にサンフランシスコへ引っ越し、15歳のときに、ピーチズ(これはのちにエタのニックネームとなる)という女性トリオの一員としてジョニー・オーティスのオーディションを受けた。彼女たちは、ハンク・バラードの「Work With Me Annie」へのアンサー・ソング「Roll With Me Henry」を披露。オーティスは、その曲に感心し、1954年、彼女たちをLAのモダン・レコードに連れて行き、リチャード・ベリーのヴォーカルを加えレコーディングした。この曲は「The Wallflower」とタイトルを変えられ、55年のR&Bチャート第1位を記録する。ピーチズは解散したが、彼女はおよそ5年間モダンに録音を続ける。しかし、55年にもう1曲「Good Rockin' Daddy」がチャート・インしたあとは、これに続くヒットを出すことができなかった。

60年チェス傘下のアーゴへ移籍するとすぐに当時の恋人でムーングロウズのシンガー、ハーヴィ・フークアとのデュエットや「All I Could Do Was Cry」をR&Bチャートに送り込んだ。彼女のほとんどのヒット曲はこのチェス在籍時代のものだ。ストリングス・アレンジが豪華なバラード「At Last」、ワイルドなゴスペル・スタイルの「Something Got a Hold on Me」など。1967年にはマッスル・ショールズにあるリック・ホールのフェイム・スタジオに赴いた。歓喜のサザン・ソウル「Tell Mama」、それとは対照的な胸を打つ喪失のバラード「I'd Rather Go Blind」などの傑作がこの時生まれている。

70年代初期に麻薬中毒に苛まれ、どん底をみた。75年にチェスを離れてからは、エタ・ジェイムスの名はすっかり忘れられた。しかし、1988年にアイランドからサザン・ソウル色濃い『Seven Year Itch』で復帰。92年にはブルース・フィーリングを強調した快作『The Right Time』を出している。

1993年にはロックンロールの殿堂入りを果たした。その翌年には大好きだったビリー・ホリデイに捧げる作品『Mystery Lady』をリリースし、初めてのグラミー賞を受賞。2008年にはチェス・レコードとその周辺のブルース・ミュージシャンを描いた映画『キャデラック・レコード』で、シンガーのビヨンセがジェイムス役を演じた。2009年、ビヨンセがバラク・オバマ大統領の就任祝賀パーティで「At Last」を披露したときにはビヨンセをジェイムスが批判して話題となった。

2010年には敗血症で入院し、またアルツハイマー病も患っていることが明かされた。最後のアルバム『The Dreamer』は2011年にリリースされた。同年12月には白血病の末期にあることが報道された。

Recordings

November 25, 1954, Los Angeles, California
  • The Wallflower (Roll With Me Henry)
  • Hold Me, Squeeze Me
  • Be My Lovey Dovey
1955, Los Angeles, California
  • Hey! Henry (rehearsal)
  • Hey! Henry (Doin' Fine Henry)
  • Hey! Henry (alternate take)
  • Be Mine
  • Good Rockin' Daddy
  • Crazy Feeling
  • That's All
  • That's All (alternate take)
  • W-o-m-a-n
  • Strange Things Happening
1956, Los Angeles, California
  • My One And Only
  • Shortnin' Bread Rock
  • Tears Of Joy
1956, New Orleans, Louisiana
  • I'm A Fool
  • Fools We Mortals Be
  • Tough Lover (take 1)
  • Tough Lover (take 2)
  • Tough Lover
  • Dance With Me, Henry
June 2, 1956, New York
1956/57, Los Angeles, California
  • Then I'll Care
  • Good Lookin'
  • Good Lookin' (take 8)
  • Market Place
  • Market Place (alternate take)
  • The Pick-Up
April 22, 1957, Los Angeles, California
  • Come What May
  • By The Light Of The Silvery Moon
  • Sunshine Of Love
  • Baby, Baby, Every Night
?
  • How Big A Fool
  • How Big A Fool [double-tracked vocal] (Call Me A Fool)
  • Hickory Dickory Dock
  • Don't You Remember
?
  • I Hope You're Satisfied (Etta James with Harvey Fuqua)
  • If It Ain't One Thing (Etta James with Harvey Fuqua)
  • We're In Love (Etta James with Harvey Fuqua)
  • You Know What I Mean
  • Nobody Loves You Like Me
August 22, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
August 23, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
August 24, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
November 30, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
November 30 and December 6, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
December 6, 1967, Fame Studios, Muscle Shoals, Alabama
March 1968, Muscle Shoals, Alabama
August 2, 1968, Muscle Shoals, Alabama
August 1968, Muscle Shoals, Alabama
March 15-May 31, 1992

Influences
影響関係

Infl by: Billie Holiday
受けた影響←ビリー・ホリデイ

Infl to: Janis Joplin
与えた影響→ジャニス・ジョプリン