"Ma" Rainey
“マ”レイニー


1886年4月26日、ジョージア州コロンバス生まれ
1939年12月22日、ジョージア州コロンバスにて死去
ヴォーカル

本名ガートルード・プリジェット。“ブルースの母”と称されたブルース最初期の名シンガーである。テント・ショウで歌っていたレイニーは、1905年頃、ミズーリ州で、テントにやってきた地元の少女が、自分のもとを去っていった男について歌うのを聞いた。レイニーは、のちにブルースと呼ばれることになるその奇妙な曲に興味を持ったので、自分のレパートリーに加えてみた。すると客に大いに受け、その曲はアンコール曲として定着したのだという。派手な衣装、キラキラしたヘッドバンドと、金貨のネックレスをつけ、金歯をきらめかせ笑ったレイニー。アルトの声で、あらゆる感情を表現できる歌手だった。

1904年に結婚。“マ”レイニーと夫のウィリアム“パ”レイニーは、コンビでテント・ショウの一座とともに南部をまわった。ブルース史家のなかには、当時レイニーが若き日のベッシー・スミスに歌を教えたとしているものもいる。真相はどうあれ、唱法の面でレイニーはある程度スミスに影響を与えたと見ていい。汗水流して働く貧しい人々の生活を歌った“マ”レイニーのブルースは、北部より南部で人気があった。1923年の初レコーディング時には37歳。28年までパラマウントでレコーディングをつづけ、約100曲を残した。「シー・シー・ライダー」「ボー・ウィービル・ブルース」「マ・レイニーズ・ブラック・ボトム」など傑作多数。荒っぽいジョージア・ジャグ・ウォッシュボード・バンドをしばしば用いる一方で、ルイ・アームストロング、コールマン・ホウキンスといった名手たちの伴奏でも歌った。33年に音楽生活から引退。39年に心臓発作のため亡くなった。

ホーム

歴史編
ブルースの歴史
ブルースゆかりの地
ブルース人名録
ブルース・レーベル
ブルース用語解説
ブルースの隣接ジャンル

鑑賞編
ブルースの定型
ブルースの常套句
ブルース訳詞集

実技編
ギタリストの選択肢
ギター・コード集

その他
ブルース・ニュース
リンク
このサイトと作者について