ハンボーン・ウィリー・ニューバーン

ホーム > ブルース人名録 >

経歴・特徴

ミシシッピ・ブルースのスタンダード曲「Roll and Tumble Blues」の最初のレコーディングをした人として知られる。1929年にアトランタでたった6曲を残しただけだが、その少ない曲を聴いただけでも、非常に才能に恵まれていたことがわかる。このソングスターについては不明な点が多いのだが、ニューバーンからギターを習ったスリーピー・ジョン・エスティスによれば、彼は1947年に刑務所で殴り殺されたということだ。

CDガイド

[A]:Stack O' Lee Blues

ニューバーンのアトランタに於ける録音6曲に加え、ミシシッピー・ジョン・ハートの戦前全作品、ニューオーリンズのシンガー、リチャード“ラビット”ブラウンの作品を含む。

Stack O' Lee Blues

楽曲情報

She Could Toodle-Oo
Atlanta GA, March 13, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]
Nobody Knows (What The Good Deacon Does)
Atlanta GA, March 13, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]
Shelby County Workhouse Blues
Atlanta GA, March 13, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]
Way Down In Arkansas
Atlanta GA, March 13, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]
Hambone Willie's Dreamy-Eyed Woman's Blues
Atlanta GA, March 14, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]
Roll And Tumble Blues
Atlanta GA, March 14, 1929
Hambone Willie Newbern (vocal, guitar)
[A]

影響関係

受けた影響←

与えた影響→スリーピー・ジョン・エスティスロバート・ジョンソンマディ・ウォーターズエルモア・ジェイムス