ブッカ・ホワイト

ホーム > ブルース人名録 >

経歴・特徴

彼は大柄で、説得力抜群のブルース・シンガーだった。死、囚人生活、汽車、酒といったテーマを、吠えるようにうたった。ナショナル・ギターをひっぱたきながら出す粗削りで気ままなサウンドが売り物。37年、銃の発砲事件でパーチマン農場監獄に収監された。この年にヴォカリオンで2曲レコーディング。伝説によると、このレコーディングのために保釈してもらったというが、逃げたという説もある。投獄中に「シェイク・エム・オン・ダウン」がヒットし、出所した40年にも12曲をレコーディング。素晴らしい出来だったが、ブルースの流れが変わりはじめていたため売れず、その後録音のチャンスに恵まれなかった。元野球のピッチャーで、ボクサーをしたこともあるホワイトは、肉体労働をしながら演奏活動を続けていた。63年にブルース愛好家エド・デンスンとジョン・フェイヒがホワイトを再発見し、彼の歌を録音。彼は昔とほとんど同じエネルギーでうたい、新たに活躍しはじめたのだった。

CDガイド

[A]:パーチマン・ファーム

37年と40年のヴォカリオン、オーケーでの録音全14曲を収録したこのアルバムは、その強烈さ、歌詞の独創性では決してロバート・ジョンソンの作品集に劣らぬものである。

パーチマン・ファーム

[B]:1693 Isn't 1962

1693 Isn't 1962

楽曲情報

Pinebluff, Arkansas
Chicago IL, Sept. 2, 1937
[A]
Shake 'Em On Down
Chicago IL, Sept. 2, 1937
[A]
Black Train Blues
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
Strange Place Blues
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
When Can I Change My Clothes?
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
Sleepy Man Blues
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
Parchman Farm Blues
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
Good Gin Blues
Chicago IL, March 7, 1940
[A]
High Fever Blues
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
District Attorney Blues
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
Fixin' To Die Blues
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
Aberdeen Mississippi Blues
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
Bukka's Jitterbug Swing
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
Special Streamline
Chicago IL, March 8, 1940
[A]
Streamline Special
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Drunken Leroy Blues
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Fixin' To Die
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Midnight Twister
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Aberdeen Blues
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Vaseline Head Woman
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Jump
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Jack O'Diamonds
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Chi Chi Boogie
Berkeley Ca, Nov. 10/11, 1963
[B]
1963 Isn't 1962 Blues
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Boogie 'Til DuBuque
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Driftin' & Driftin'
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]
Corinna, Corinna
Berkeley CA, Nov. 10/11, 1963
[B]

影響関係

受けた影響←チャーリー・パットン

与えた影響→B.B.キング