1950年代

ホーム > ブルースの歴史 > 1950年代

年表:1950年代
1950 フィルとレナード・チェスは、1947年に始めていたアリストクラット・レーベルをチェスと改名。
1951 RPMでリリースされたB.B.キングの「スリー・オクロック・ブルース」が大ヒット。
エルモア・ジェイムスが、ロバート・ジョンソンの古典「ダスト・マイ・ブルーム」をサニー・ボーイ・ウィリアムスンIIらとトランペットに吹き込み、デビューする。これが翌年R&Bチャートでトップ10入り。
1952 リトル・ウォルターの「ジューク」がR&Bチャートでナンバー・ワンに。
ハウリン・ウルフがレナード・チェスの説得でメンフィスからシカゴに移住。
1953
1954 サム・フィリップスは、エルヴィス・プレスリーという若い白人シンガーにアーサー・“ビッグ・ボーイ”・クルーダップのブルース・ナンバー「ザッツ・オール・ライト」を吹きこませ、自身のサン・レーベルからリリース。
1955
1956
1957
1958 マディ・ウォーターズが初めてヨーロッパを訪れ、すさまじい音量のエレクトリック・サウンドで、アコースティック・ブルースしか知らなかったイギリスの聴衆を困惑させる。
1959

[ 前の年代へ次の年代へ ]